2008年10月13日

イタリアの田舎でアグリツーリズモを体験したい!

イタリアの田舎でアグリツーリズモを体験したいですね。
できれば、トスカーナ地方がいいな。

アグリツーリズモとは、アグリクルトゥーラ(農業 英語で言うアグリカルチャー)とツーリズモ(ツアー 英語でいうトゥーリズム)からの造語です。
農家が経営する宿泊施設のことを指します。

アグリツーリズモは、
部屋にベッドが一つあるだけの本当に質素な民宿施設から、
プールのあるちょっとしたリゾート感覚のプチホテルまで、
タイプはいろいろあります。

イタリアの田舎で、農業を体験することもできます。

アグリツーリズモとは例えばこんなところ↓↓

agriturizumo.JPG
Agriturizumo.itのHPより

一面に広がるぶどう畑やオリーブ畑といったイタリアの田園風景の美しさを楽しんだり、地元のワインや素朴な料理を楽しんだりもできます。

それがアグリツーリズモです。

夏と秋はベストシーズンですが、アグリツーリズモは冬はやっていないところが多いので注意が必要です。


海外の生活体験をすると、最初に感じることがあります。

それは不便さです。
滞在先が、たとえヨーロッパの先進国であっても。

アグリツーリズモも例外ではありません。
とりわけ田舎の生活です。

宿泊施設はシャワーがないのは当たり前!?
タオルなども滞在中、取り替えてもらえないかも。
生活用品もコンビニに行くように簡単には買いには行けないでしょう。


でも、そんな生活に慣れると

ゆっくりと流れる時間
美しいイタリアの田園風景
人なつっこい人々との語らい(まあイタリア語が十分に話せなくても何とか可能でしょう)
おいしいワインに地元の料理

考えただけでもうれしくなります。

そして、実際に体験してみると、今の想像を超えたすばらしいものになると確信しています!

心の癒しどころか、新しい人生の価値観だって生まれちゃうかも。
きっと、一生の思い出です。

イタリアの田舎でのアグリツーリズモ体験。

いつか必ずチャレンジしたいものです。

関連記事:
イタリア ベネツィア旅行記
ヨーロッパ旅行が値下げ! イタリアへも安く行ける

blogrankingbanner_03.gifブログランキング【くつろぐ】価格比較はベストプライスBlog Entry ランキングブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アニモ at 23:24| Comment(11) | イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーロッパ旅行が値下げ! イタリアへも安く行ける!?

ヨーロッパ旅行のツアーや航空券の料金を旅行会社が値下げしています。
ユーロ安になったからです。

現地での生活費や買い物代も安くなります。
夏までの旅行と比較するとお値打ち感が出てきました。


実はこの夏、イタリアに行って、ローマやナポリ、ベネツィアを旅してきました。
とても楽しくすばらしい経験でした。


しかし



この夏は、ユーロ高で何もかもが高かった!

そもそもイタリアへのツアー料金が一人ウン十万!


さらに


原油高に航空運賃も追い討ちをかけられました。

現地のオプショナルツアーも当然割高。

トラットリア(食堂)で食べると高いので、スーパーマーケットでサラダやチーズなどの食料を買い込んで、滞在するホテルの部屋で食事を済ませたことが多かった。

ブランド品もわざわざイタリアで買う気持ちになりませんでした。


安かったのは生ハムとワイン。

スーパーマーケットで買うと
ワインはフルボトルで1本200〜300円から、
生ハムも日本の3分の1ぐらいの値段で買えました。


ところが


今回、米の金融恐慌によるドルの崩落をきっかけにユーロ安!


ヨーロッパへのツアー料金は値下げ!

現地の生活費や買い物代もお得!



イタリアをはじめとしたヨーロッパ旅行へお値打ちにいくチャンスの到来です。

しかもベストシーズン!

何とかスケジュールの都合がつかないものかっ

関連記事:
イタリア ベネツィア旅行記
イタリアの田舎でアグリツーリズモを体験したい!

blogrankingbanner_03.gifブログランキング【くつろぐ】価格比較はベストプライスBlog Entry ランキングブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アニモ at 23:09| Comment(0) | イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア ベネツィア旅行記

この夏、ベネツィア(ベニス)へ行きました。
イタリアには、もう何度目かの訪問です。

ローマのテルミニ駅から特急列車ユーロスターに乗って4時間でベネツィアへ。

ユーロスターです↓↓

ユーロスター.JPG

新幹線に似てる。
面白いのは車窓のカーテンが電動式のところです。
でも、女性用のトイレが壊れて使用不能の多いところがダメ!
何と、使用できるのは3箇所に一つの割合でした。

でも、
いや〜
昔と違い、発車と到着時間が結構正確なので感心しました。
2〜3分も違いませんでした。
日本では当たり前なんですけれど。


ベネツィアでは2泊滞在しました。

街をのんびり散策したりゴンドラに乗ったり。
中世からの水の都ヴェネツィアを3日間満喫しました。

ゴンドラから見たベネツィアの街並み↓↓

ゴンドラから見た街の眺め.JPG

リアルト橋は観光客で賑わっていました↓↓

リアルト橋のたもとから.JPG

湿度が低いので、
日陰は涼しく感じますが、
日なたに出ると、肌がチリチリして痛いぐらい日差しが強かった。

最終日の朝5時に起きてベネツィアの夜明けを見に行きました↓↓

ベネツィアの夜明け.JPG

時折、海鳥が鳴く中、
次第に明るくなる東の空。
運河に揺れるゴンドラ。
美しい夜明けに感動しました。


ただし、
ユーロ高に加えて、ベネツィアの物価は何しろ高い!
全体的にローマより1割高な印象です。
観光客の足元見てる。

トラットリア(食堂)でランチを食べても、パスタとワインだけで一人2000円ぐらいしました。

安かったのは生ハムとワイン。

日本で言う生協が運営しているスーパーマーケットでは、
ワインはフルボトルで1本200〜300円から、
生ハムも日本の3分の1ぐらいの値段で買えました。

今回のドルの崩落をきっかけとしてユーロ安になっているのは旅行者にとってはうれしいこと。


これからベネツィアへ行かれる方。

皆さんの楽しい旅行をお祈りします!

関連記事:
ヨーロッパ旅行が値下げ! イタリアへも安く行ける
イタリアの田舎でアグリツーリズモを体験したい!

blogrankingbanner_03.gifブログランキング【くつろぐ】価格比較はベストプライスBlog Entry ランキングブログランキング・にほんブログ村へ
posted by アニモ at 17:19| Comment(2) | イタリア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。